毎日食べる大根の一番高い価格のお話

栄養価が高く、昔から日本で食べられており調理法も豊富な野菜、大根。庶民的な野菜であるためあまり「高い」イメージはありませんが、やはり品種や季節、ブランドによって価格は異なってきます。

ハウス栽培が浸透し、物流が発達した現代ではそれほど季節による価格変動は大きくありませんが、やはり旬の季節を外れるとやや高くなってしまいます。

また九州の桜島大根や、京都の京野菜の大根などはブランド品であり、高級漬物や料亭に卸されることで有名です。こういったブランド大根は育て方はもちろんのこと、収穫のさいにも大根に傷や負荷をかけないよう、機械ではなく人の手で抜くなど工夫がこらされています。

お料理は当然ですが、生で食べるとこういった高級品は違いを一番実感できるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。