毎日食べるブロッコリーの日本の産地のお話

ブロッコリーの産地は、比較的に冷涼で水はけが良い土壌で生産されています。日本では北海道を筆頭にして、愛知県や埼玉県の生産量が多くなっています。

埼玉県の例では、北部にある深谷市が代表的な産地です。利根川と荒川に囲まれた場所には櫛引台地という洪積台地があり、土壌は関東ローム層で構成されている場所です。この土壌がブロッコリーの生産に適していることもあり、日本有数の産地になった経緯があります。

愛知県の例では、濃尾平野における生産量が充実している状況です。このような場所では水稲の生産量は少ない代わりに、畑作が盛んなことは共通しています。

ブロッコリーは日持ちがしない性質があるため、東京の大消費地に近い埼玉県では近郊農業の作物としても重要視されてきました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。