毎日食べる白菜の和食レシピのお話

冬になるとお店に安く並ぶ白菜は、料理のバリエーションがとても豊かです。塩で軽く揉んでしばらく置けば、浅漬けが完成します。塩の代わりに塩昆布を使うと、さらに風味が豊かになります。食事の箸休めには最適な一品です。水分を多く含んでいるので、浅漬けにするには最適の野菜です。

白菜の水分を利用して作るのが鍋ものです。たくさんの野菜と白菜を入れ、粉末だしをかけることにより、簡単に鍋物が完成します。

和食の決め手の出汁と相性がとても良いので、出汁を絡めた料理はどれを食べてもおいしいです。野菜炒めにも味付けを粉末だしですることにより、白菜の野菜炒めがおいしく完成します。

ご飯のお供にも良い味わいになるので、飽きることなく毎日食べられます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。