毎日食べる玉ねぎの完全栄養のお話

玉ねぎは長期保存が可能な野菜であると同時に、多彩な栄養が含まれる健康食材としても親しまれてきました。強烈な辛味があるのは、硫化アリルという成分が含まれるためです。

豚肉と一緒にして食べることは、ビタミンB1の吸収率を高めるための知恵です。ビタミンB6も多く含まれることから、タンパク質の吸収を高めるためにも役立ちます。ビタミンCの含有量も豊富になっているため、野菜不足になりやすい冬まで保存しておけば、貴重なビタミン源として利用できます。

ミネラルの一種では、カリウムやマグネシウムも含まれています。

普段は捨ててしまう皮には、ケルセチンという抗酸化成分が含まれるため、美容や老化予防のために利用することがあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。