毎日食べる玉ねぎの中華レシピのお話

歯ごたえのある玉ねぎは、中華料理のアクセントには欠かせません。酢豚の中に入っている玉ねぎは、しゃきしゃきの歯ごたえがたまりません。

すべての具材に十分火が通ってから、玉ねぎを投入することにより、しゃきしゃきの歯ごたえを維持したまま完成することができます。細かく刻めば、ちょっとした歯ごたえと甘みのアクセントを与えることができます。

卵との相性がとても良いので、卵を使う中華料理であるかに玉や、きくらげの炒め物にさりげなく少量加えると、また違った味わいを楽しめます。中華スープの中にも玉ねぎを刻んで入れることにより、オニオンスープが完成します。

食後にさっぱりとした口当たりのスープは、食事には欠かせない一品となっています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。