毎日食べる大根の世界の産地のお話

大根は昔から日本人に馴染み深く、生で食べても加熱してもそれぞれ違ったおいしさがあり、大変人気のある野菜です。また、その部位により、甘みや辛味の度合いが違ってくるという、おもしろい特徴を持った野菜でもあります。

その料理により、使う部位を使い分けると、よりおいしく頂けます。

大根の世界の産地ですが、原産地については諸説あるようです。中央アジアや中国ではないかと言われています。日本へは、朝鮮半島を経て、奈良時代に伝わってきました。そして江戸時代になると、その栽培も本格化し、種類も豊富になったようです。ヨーロッパなどでは、あまり栽培されなくなり、珍しい野菜のひとつとなってしまいました。

現代では、その9割を日本で栽培しており、北海道が一位、それに続いて、千葉県、青森県となっています。北海道では、夏でも涼しい気候を利用し、夏大根の栽培が盛んです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。