毎日食べるもやしの日本の産地のお話

安いだけでなく、健康にも美容にもよいとされていることから、もやしを毎日食べているという方もいらっしゃるかと思います。では、もやしを日本で一番多く生産している産地はどこなのでしょうか。

実はもやしの生産量が日本で一番多いのは栃木県で、このことは栃木県の公式ホームページにも記載されています。生産するためには良質な水が必要不可欠なのですが、良質な地下水が栃木県には豊富にあることが生産量がトップとなっている理由の一つです。

現在ではもやしの生産量で日本一となっている食品会社をはじめ、いろいろな企業が栃木県内に工場を構えています。

それらの工場では緑豆や黒豆、大豆などを原料とした様々な種類のもやしが生産されていて、全国各地へ届けられています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。