毎日食べる白菜の世界の産地のお話

日本の家庭では、白菜は冬の野菜として食卓を彩っています。日本医入ってきて、まだ100年は経っていない野菜です。

含んでいる利用としては、とりわけビタミンCが潤沢です。ほかにも、カルシウムや鉄、マグネシウムなども含まれています。白菜のそもそもの原産地は中国の北部でした。西洋のキャベツに対応する東洋の野菜としても知られています。

白菜は東アジアエリアが生産の中心地で、世界的に見ますと、最近になって、ようやく欧米の一部でもサラダ用途で生産されるようになってきています。世界のキャベツの産地としては、生産量順で、中国、インド、ロシア、韓国、日本と続いています。

白菜は、中国では中華料理に不可欠の野菜ですし、韓国ではキムチの原料として重宝されています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。