毎日食べるにんじんの日本の産地のお話

スーパーに行けば、一年中、買う事の出来るにんじん。緑黄色野菜といえばすぐに名前が挙がりますよね。苦手な子供達も多いけれど、とっても甘くて美味しい食材です。

もともとは、秋から冬にかけてが旬でしたが、品種改良などで、いつでも買えるようになりました。日本の産地は、北海道が約30%、千葉県が約18%、徳島県が約8%と続きます。最も多い、北海道では大規模な専業的な生産がされています。

出荷時期は、冷たい気候を人参は好むので、初夏には徳島県、秋には北海道、冬には千葉県から、栄養の詰まったにんじんが、スーパーに並びます。

種類には、オレンジ色で太く短い西洋にんじん、赤く細長い西洋人参などがあります。最近では、西洋人参が人気になっています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。