毎日食べるにんじんの栄養素のお話

人参は栄養価が高めですが、独特の味や癖があり、好みがハッキリ分かれます。

苦手な人が食べるのは厳しいはずですが、「食べるにんじんジュース」は比較的、飲みやすいです。栄養価は高めであり、ベータカロテンやレチノール、食物繊維が豊富になります。鮮やかなオレンジ色はビタミン類が関与しているのが特徴的です。

味も人参特有の癖をクリアしています。せっかくの高い栄養価も食べないと意味がないですが、ジュースにしてある物を飲むと手軽にベータカロテンやレチノールなどを補給できるのが強みです。

実際に野菜の人参と、食べるにんじんジュースは味や癖に大きな差があります。濃縮歓迎してあるにんじんジュースは、野菜よりも遥かにベータカロテンが増えて、飲みやすいメリットも強みです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。