毎日食べるにんじんの洋食レシピのお話

にんじんは和食でも煮物などに使われ、彩りをプラスしてくれる人気の食材ですが、洋食でも多く使われます。その橙色は食卓でも映えるので、多くの料理に使われます。

薄くきればサラダとしてそのまま食べることができますし、炒めものにもカレーやスープのような煮物にも使えます。特に多くの方がなじみ深いのが、肉料理の付け合せとして出されるものではないでしょうか。

シンプルにゆでられたものもありますが、バターでソテーされたものは独特の甘みもあってお子様に人気です。洋食はテーブルに出した時の華やかさがポイントですが、にんじんの鮮やかな色はその華やかさをさらにアップさせてくれます。

あらゆるものに取り入れていきたい食材だといえるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。