毎日食べる白菜の日本の産地のお話

日本の白菜の産地は茨城県と長野県が代表的で、3位以下の北海道や群馬県などを大きく引き離している状況です。日本一の生産量を誇る茨城県のシェア率は30%に達していることもあり、漬物などの材料としても重宝されています。

群馬県の地域では、上毛三山を背景する広大な畑地で生産されています。九州地方においては、鹿児島県と長崎県が代表的な産地です。中京圏では愛知県の生産量が多いのは、濃尾平野などの広大な敷地を有効に活用しているためです。

どの産地も畑作が盛んな場所で、旬になる冬場の寒さがちょうどよくなる共通点があります。

茨城県と長野県だけで全体の50%以上の生産量があるのは、大消費地の東京に近いためでもあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。