毎日食べる白菜の未来のお話

白菜の未来は明るいと予測できるのは、鍋料理や漬物などの素材として絶大な人気を誇っているためです。もともとは純粋な中国野菜でしたが、日本の土壌や気候に適応し、日本人の味覚の好みにも合っていたので定着することになりました。

白菜の未来を考える場合には、温暖化の問題については憂慮する必要があります。四季が明瞭であれば、冬の時期には適切な寒さで甘味が増して美味しくなりますが、常に高温状態で寒暖差も鈍くなれば品質が低下してしまいます。

100年ほど前の先人たちは伝来したばかりの白菜の栽培で苦労しましたが、結果的には問題を解決しています。

未来の日本人についても、先人たちと同じように栽培環境の変化にも対応して、毎日食べる白菜の伝統を守ってくれるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。