毎日食べるキャベツの苦手な人でも克服できるレシピのお話

キャベツが苦手な人でも美味しく食べられるレシピには様々なものがあります。多くの人がキャベツを苦手とする大きな原因としては生で食べたときの青臭さや、食物繊維などを摂取するには大量に食べなければならないという点が挙げられます。

キャベツ自体にあまり味がなく、青臭いので大量に食べるのは大変です。青臭いのを我慢できる人であれば野菜ジュースやスムージーなどにすることも考えられます。

火を通すレシピとしては野菜炒めやおひたし、お好み焼きなどがあります。特にお好み焼きの具として利用すると美味しいので大量に食べることができます。キャベツなどの野菜は火を通すと水分が出て食べやすくなります。

また火を通すことで青臭さが消えます。そのまま大量に食べるのは大変ですが、工夫を加えることで美味しく食べることができます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。