毎日食べるキャベツの和食レシピのお話

食べやすい大きさに切ったキャベツを茹でた後には、余計な水分を取ってから粗熱を冷めします。これを小鉢に盛り付けてから、鰹節と醤油をかけると、和食の副菜として重宝するキャベツのおひたしが完成します。

これを少しだけアレンジして、胡麻和えにすることもできます。キャベツの硬い芯は千切りにしてから、人参と一緒に油炒めにしていきます。砂糖、醤油、酒などを入れて味を整えてから、余計な水分を飛ばせばキャベツのきんぴらの完成です。

食べやすい大きさに切り、ダシ汁の中で軽く煮てから、好みの味噌を入れて仕上げます。

こうすると、キャベツの甘味が心地よい味噌汁が完成します。コクを出したいときには、油揚げを一緒に入れる方法も試してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。