毎日食べる玉ねぎの世界の産地のお話

玉ねぎはほかの食材との相性も抜群なので、料理に取り入れやすく、毎日の食卓に上がることの多い野菜です。原産地は中央アジアで明治時代に日本に伝わってきました。耐寒性が強くて低体温で発育できます。

また、逆に熱帯地方であっても、土壌が良ければよく育つことができるので世界中で作られている野菜でもあります。日本のみでなく世界でも愛されている玉ねぎですが、一番多い生産量を誇る産地は中国です。

次いで、インド、アメリカと続きます。日本は世界で第15位の生産量を誇っています。

玉ねぎには血液サラサラ効果、コレステロールの低下、疲労回復や動脈硬化防止など健康や美容に非常に効果の高い野菜となっているので積極的に摂取していきたいものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。