毎日食べる玉ねぎの日本の産地のお話

日本における玉ねぎの産地は北海道が代表的で、全国一の生産量を誇っています。北海道では涼しくなる9月から10月にかけて収穫されますが、春には産地が九州地方に移ります。

第2位の生産量を誇っているのは佐賀県で、春先には新玉ねぎとして店頭に出回ることが多いです。北海道で大量に生産されるものは貯蔵できるため、基本的には年間を通じて利用できます。

新玉ねぎとして出荷されるものは、最初から貯蔵させることを目的にしていません。このようなタイプの玉ねぎは、愛知県でも多く作られています。関東地方においては、群馬県と栃木県で多く生産されています。

この地域は関東ローム層の土壌が特徴で、肥沃な養分のおかげで甘味が豊富な品質になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。