毎日食べる玉ねぎの苦手な人でも克服できるレシピのお話

玉ねぎは和洋中、どの料理との相性も良く、世界中で食べられている野菜です。生で食べると、その歯ごたえや辛味かクセになり、加熱すると甘みが増し、いろいろな料理の風味のアクセントとして重宝します。調理方法により、こんなに風味の変わる野菜も他にないのではないでしょうか。

ただし、比較的クセのある野菜であることからか、玉ねぎを苦手としている人も少なくありません。そこで、そんな人でもおいしく食べられるレシピをご紹介したい思います。

玉ねぎは加熱すればするほど、甘みが増すので、苦手な人には煮込み料理がおすすめです。玉ねぎをたっぷり使ったチキンカレーはいかがでしょうか。最初に、薄く切った玉ねぎを二つほど、弱火で茶色になるまで、じっくり炒めます。それをカレーに投入して、さらに煮込むだけです。

時間はかかりますが、その分風味が増し、とてもおいしいチキンカレーになります。原形を留めないので、苦手な人でも食べやすいのはないでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。