毎日食べる玉ねぎの和食レシピのお話

玉ねぎは血液をサラサラにしてくれるとてもありがたい食材です。火を通せば甘みも増しておいしく摂取することができます。

中でも和食では欠かせない役割を担っています。甘みを活かして肉じゃがに入れれば、味付けの砂糖の分量を減らせます。耐熱容器に入れて、粉末だしやおかかをまぶしてからレンジで数分で、柔らかくとろける玉ねぎの出来上がりです。

小ぶりな玉ねぎであればたくさん食べることができて大満足です。和風だしとの相性がとても良く、バリエーションも豊かです。ちょっとした煮物に刻んで加えるだけで、優しい甘みのする料理が完成します。

何より忘れてはいけないのはお味噌汁です。具だくさんのお味噌汁は幸せの象徴です。歯ごたえを残すのも良いですし、柔らかくとろとろになるまで煮込んでも良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。