毎日食べる大根の苦手な人でも克服できるレシピのお話

大根が苦手な人は、たいがい、苦みを嫌うというケースが多いです。確かに大根は、生の状態だと苦みが強く、苦手に感じる人がいるのも無理はないと言えます。

しかし、煮込むとその苦みは消え、むしろ甘みが感じられるようになります。大根が苦手な人におすすめのレシピは、ずばり、煮物です。大根だけを炊いてもいいですし、他の食材と合わせて鍋ものにしてもいいでしょう。

大根には、しょうゆも味噌も合います。ずっと沸騰させ続けるのではなく、沸騰したら火を止め、味付けをし、しばらく放置して温度を下げましょう。

温度が下がっていくときに、味がしみ込んでいきます。高温にしたことで、苦みは消え、甘みが増し、味もしみ込んで、おいしくなっていきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。