毎日食べる大根の歴史のお話

毎日、お味噌汁や漬物など古くから食べられている食べ物ですがその歴史も縄文時代以前に遡るとされています。縄文時代に海を渡った先である中国から大根は日本へと由来したとされています。ただこれは日本おけるものです。

その原産地はなんと地中海沿岸であり、ピラミッドが多く作られていた古代エジプトや古代ローマでも料理の材料として愛されていました。

また日本で大根と呼ばれるようになったのは室町時代ともいわれており、それ以前は別の名で呼ばれていたとされています。その後江戸時代に入ると有名な宮重大根の栽培が始まりました。

そして、18世紀になるとこちらも有名である桜島大根の栽培が始まりました。昭和初期になると秋田大根も作られるようになります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。