毎日食べる大根の一番安い価格のお話

大根の旬の時期は十一月から二月にかけてであるため、その時期は収穫量が一年の中で最も多いので価格も安い傾向にあります。

消費者が購入する際の価格は旬の時期は凡そ一本当たり百円から二百円程度の設定となっており、小売店が仕入れる際には一キログラム当たり百円弱が相場となっています。

大根は栄養素が高く、毎日食べる食材の一つであるため、なるべく安い価格で購入する事が重要です。また、旬の時期以外には大きさによって異なりますが、一本当たり二百円から四百円程度になるため、旬の時期に比べると大体二倍近い値段になります。

小売店で購入する場合には見切り品の大根を探すと、一本当たり五十円を下回る値段で購入できる事もあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。