毎日食べる大根の選び方のお話

美味しい大根を食べたいのであれば、大根全体にハリとツヤがあり、細くなる部分に向かって真っすぐと伸びているものをお店で選びましょう。持ち上げた際にずっしりと手に重みが伝わってくるようなものは、みずみずしく水分が豊富な大根である証です。

大根にはひげ根の毛穴がありますが、その毛穴が浅めで数が少なく、ぱっと見て表面がなめらかなものがおすすめです。

葉っぱが付いたまま売られているものに関しては、葉の根元から先までがピンと張っていて、鮮やかな緑色をしたものが美味しいものです。カットされて売られているものの場合は断面をよく見て、きめが細かいものを選べば美味しく食べられます。この時、スが入っていないかもきちんと確認します。

このような選び方をすることで、美味しい大根を食卓に並べることができます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。