毎日食べるもやしの世界の産地のお話

庶民の強い味方であるもやしは日本では非常にポピュラーな野菜の1つです。

そしてそのうちの約9割が緑豆と言われる種子から栽培されたもやしで、やや太めでクセのない味が特徴です。そのため野菜炒めや味噌ラーメンなど様々な料理にアレンジすることが可能なのです。緑豆の種子の生産地は主に中国やミャンマーなど。

また、ブラックマッペはやや細めで少し甘みを感じます。食感はしっかりしており焼きそばやお好み焼き、おひたしなどに用いられ、こちらも種子の生産地はミャンマーやタイなど日本と同じアジア圏になっています。大豆もまたもやしとなり、その特徴は豆がついたまま食べられること。

独特の風味と食感が人気の品種でアメリカやカナダ、中国などの種子を利用して栽培されています。もやしは世界中の出資を利用して栽培されているのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。