毎日食べるトマトの日本の産地のお話

日本のトマトの産地は複数あり、愛知に大きなハウス栽培の産地があります。その他に熊本や高知そして静岡や北海道が代表的な日本のトマトを栽培している地域です。

毎日食べるトマトは路地物以外にハウスで栽培されています。大玉やミディそしてミニと大きく分けて三種類のサイズがあります。それぞれの使用目的や好みで選ぶと良いです。

最近は過熱専用の品種を栽培している農家が増えています。これはイタリア料理を作る家庭やレストランが増えているからです。日本のトマトの産地は季節によって出荷する地域が異なるのが特徴です。

旬のエリアの商品を選ぶと味もよく価格が比較的に安定しています。路地物の旬は夏ですが一年中ハウスで栽培されています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。