毎日食べるにんじんの世界の産地のお話

にんじんは、非常に身近な野菜として食卓を飾っています。栄養価も高く、食材としては幅広く使用されています。にんじんはセリ科に属する野菜で、原産地はアフガニスタンであるとされています。

ヨーロッパに渡ったものは、太くて短い姿で、アジアに渡ったものは細長い形状になっています。さて、にんじんの産地というのは、世界の各地に広がっています。生産量の第一位にあるのは中国です。

全世界の生産量の約45%を作っています。この10年間で約2倍に増えています。二位はウズベキスタンです。同地では、にんじんをたくさん使った炊き込みご飯を食べる人が多いです。

三位はロシアです。全世界的に見ますと、にんじんの生産量は増加している傾向を示しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。