毎日食べるにんじんの未来のお話

私達がよく食べることがあるにんじんですが、その未来は、国産品が減り、このままいくと輸入品ばかりになってしまうということになる可能性が高いです。

外食産業がどんどん発達していて、価格競争が激化しており、価格の高い国産品より価格の安い主に中国産などの輸入品に頼っているのが現状です。

しかし、輸入品にばかり頼ってしまうと、気象条件の悪化などが起こり、輸入できる量が大幅に減るということも起こり得るため、国産のにんじんをたくさん生産する体制を整えることが必要です。

国産のにんじんを生産していくには、私達消費者が、価格の安い中国産などばかりを買うのではなく、少し値がはったとしても国産のにんじんを買うことで、国内の農家を守り、日本のにんじんの未来を明るいものにする必要があるのではないかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。